blog

建物の引渡し

12月になると、建物の引渡しも多くなります。
やっぱり年内にお引越ししてお正月はゆっくり新居で・・という方が多いからです。(思わずコタツで寝ちゃうぜ)
建物完成の際、僕は立ち会うのですが、御施主さんの喜ぶ顔をみるのが楽しみです。
家は車などと違い、既にできたものを買うわけではないから、たまにイメージと違うなんていわれることがありますが、
そんなときは、すばやく隠れますっなんてことはないけど、以外とあるものなんですね。ドアやクロスの色を選ぶときは、小さいカットサンプルで決めるので実際の大きさになると、明るくなるからなんです。
また、照明も人それぞれ明るいという感覚って違うから、僕は明るいって思っても、なんか暗いなんていわれる場合もあります。そんなときはすぐ隠れます。
冗談はさておき、だから、設計はじっくり時間をかけて、詳細に打合せする必要があるし、何回も会うことによって、僕自身も御施主さんの正確や感性がつかめれば、よりよいものや発想が生まれてくるんだと思います。
とても難しいものですが、でも、やっぱり注文住宅は楽しいし、ずっと勉強ですね。
ちなみにエアコンを建築工事でつけるケースがありますが、エアコンは量販店の方が圧倒的に安いです。やっぱり、数が違いますからね。ただ、3階建ての場合はあとから家電屋さんが取付けする場合、バルコニーに室外機をおけるならいいけど、そうでない箇所につける場合はハシゴをかけて作業できないので、できれば建物の足場があるときに建築電気屋さんでの設置が望ましいです。また、隠蔽配管にしてスッキルする場合も建築屋さんにお願いするのがよいです。

関連記事一覧

検索

ブログアーカイブ