株式会社建築設計Led-Eye. 一級建築士事務所 建築家と創る家に住もう。

  • Tel 042-705-5533
  • 資料請求・お問い合わせ

設計事務所はなぜいいのか

こだわりの住宅と価格

こだわりの住宅と価格

注文住宅を建てるにはどうしたらよいのでしょうか? なんでもよい訳ではなく、カッコよく、快適で、安全で、安くて、オシャレで、広くて、明るくて……ではないでしょうか? それが“こだわり”の部分。注文住宅を下図のこだわり度と価格の表であらわしてみます。

あなたはどの部分の家がほしいでしょうか?“建売”は安価ですが当然“こだわり”がない。“工務店”ではしっかりはしているが“こだわり”がイマイチ。“住宅メーカー”は“こだわり”はあるがそれは個々のオーナーの“こだわり”でなくメーカーのブランドを手に入れたという“こだわり”で、価格は高い。Led-Eye.は“こだわり”は高く、そして価格も割と安いなぜだろうか。


御客様に提出される工事金額の内訳

お客さまに提出される工事金額の内訳

注文住宅を建てるのに、なぜお客様はまず設計事務所に直接頼まないのでしょうか? よく設計事務所に頼みたいが敷居が高そうで、問い合わせしづらく感じたり、設計料が高く全体としてコストオーバーになると勘違いしていることにあると思います。しかしそれは間違いです。

住宅創りには、営業、設計、工事というこの3つの分野があります。その中で、営業には一般的に声をかけやすいと思いますが、以外にも注文住宅の場合、一件の受注に対して営業歩合というものの割合が大きいです。御客様にとっては、当然営業マンを気に入ったからというケースも多々ありますが、逆に設計料の割合はかなり低いです。営業が気に入って施工会社を決めた御客様だって、当然余計なコストはかけたくないはずだし、一生に一度の買い物だからじっくり設計を考えたいと思いますが、ひどいところは営業マンがプランを描いて、設計士は法的なところだけチェックなんてことだってあります。

建築家は住宅コンサルタント。御客様に代わり、余計な経費をかけないで純粋に良い家を建ることができるのです。風邪をひいたら直接医者にいくように、家を建てるときは設計事務所にいったほうが、絶対に後悔しない理想のマイホームができます。設計事務所は高額な家ばかりでなくローコスト住宅など、さまざまな家を取り扱います。住宅コンサルタントですから、さまざまなノウハウを一番よく知っているのです。建築コストにしても、設計料が高い、キッチンが高い、サッシが安いなどと、一つ一つの金額をみても工事見積書は金額をいじっているだけですから意味がありません。建築費はもっとトータルに考えなければいけないのです。


ページトップへ